最近の性病事情

女性の性病のひとつカンジダ症

女性の性病のひとつであるカンジダ症は、性感染症ではなく酵母カビの一種です。風邪やストレス、疲労、寝不足などにより、体力が落ちた時に症状がでやすく、風邪や膀胱炎、クラミジア、淋菌の治療で抗生物質を服用した後にカンジダ症になることもあります。
女性のカンジダ症の主な症状は、おりものの異常と膣内や外陰部のかゆみです。症状が軽ければ体調とともに自然治癒することがありますが、ひどくなると強い炎症やおりものの増加、嫌な臭い、強いかゆみなどがあらわれます。おりものは白色や黄緑色をしており、酒粕状やヨーグルト上の少しポソポソとした状態になることが多いです。
カンジダ症は、性病に分類はされますが、性感染症ではない性病です。性感染症は、性行為によりパートナーから感染しますが、カンジダは、膣や外陰部にもいるカビです。そのため、性行為を一度もしたことがなくても感染することがあります。誰かからうつされたというよりも免疫力の低下や抗生物質の服用により、身体のバランスが崩れた時に発症します。風呂やトイレ、食器の共用などで感染することはありませんが、出産時に感染している場合は、産道感染を起こすことがあります。母子感染を起こすと、赤ちゃんの口腔内に感じだがはびこってしまう病気や先天性皮膚カンジダ症を発症することがあります。
女性の場合は、膣内のグリコーゲンが多くなるとカンジダが繁殖するため、妊娠時やピルを内服している時は黄体ホルモンの影響により膣内のグリコーゲンが増え、カンジダ症になりやすいとされています。
治療としては、膣錠や膣座薬、クリーム、軟膏、経口錠などがあります。一般的には、軟膏と膣錠を併用することが多いです。